The special sponsorship
Twitter

最大にして、最も贅沢な。フェルメール展

みどころ1

日本美術展史上最多のフェルメール作品8点が東京に集結

寡作で知られ、現存作35点ともいわれるフェルメール作品が、欧米の主要美術館から特別に8点も貸し出されます。その中には、「ワイングラス」「赤い帽子の娘」など、日本初公開作品も含まれます。

作品紹介

みどころ2

奇跡の「フェルメール・ルーム」

来日するフェルメール作品は、すべての作品がひとつの部屋に飾られます。その名も「フェルメール・ルーム」。それは、フェルメール本人も目にしたことのないであろう奇跡の光景です。キャリアのほぼ全段階から選ばれた傑作の数々は、彼の芸術表現の幅広さと豊かさを示してくれることでしょう。

みどころ3

フェルメールを200%味わい尽くすために。
「日時指定入場制」「音声ガイド全員無料」

本展は大変な混雑が予想されるため、美術展では適用の少ない「日時指定入場制」にて、お客さまをご入場の際に長時間お待たせせず、ご覧いただく運営をめざします。
さらに、来場者全員に音声ガイドを無料でご提供するなど、より快適に作品と向き合える、かつてない贅沢なひとときをおとどけします。

日時指定入場制とは

みどころ4

17世紀オランダ絵画の傑作約50点

フェルメールだけではなく、ハブリエル・メツー、ピーテル・デ・ホーホ、ヤン・ステーンらオランダ同時代の絵画と合わせた約50点を通して、17世紀オランダ絵画の広がりと独創性をご紹介します。

フェルメールと同時代の画家

〈章構成〉
第1章 オランダ人との出会い:肖像画
第2章 遠い昔の物語:神話画と宗教画
第3章 戸外の画家たち:風景画
第4章 命なきものの美:静物画
第5章 日々の生活:風俗画
第6章 光と影:フェルメール
上野の森で出会う奇跡、新たな鑑賞体験。どうぞお楽しみに。
The special sponsorship